PT27 フードスタンド 脚つきスチール食器台 ステンレスボウル2個つき フードボウル エサ台 エサ入れ お気に入りの S 犬 ネコ 猫 M ねこ アンティーク L ペット用品 , 犬 , 餌やり・水やり用品 , 食器台,S/M/L,/interchoke1948159.html,[PT27],フードボウル,アンティーク,www.llantaspocoli.com,エサ台,ステンレスボウル2個つき,脚つきスチール食器台,フードスタンド,ねこ,エサ入れ,ネコ,2090円,犬,猫,(S) PT27 フードスタンド 脚つきスチール食器台 ステンレスボウル2個つき フードボウル エサ台 エサ入れ お気に入りの S 犬 ネコ 猫 M ねこ アンティーク L 2090円 [PT27] フードスタンド 脚つきスチール食器台 ステンレスボウル2個つき フードボウル エサ台 エサ入れ S/M/L アンティーク ネコ ねこ 猫 犬 (S) ペット用品 犬 餌やり・水やり用品 食器台 2090円 [PT27] フードスタンド 脚つきスチール食器台 ステンレスボウル2個つき フードボウル エサ台 エサ入れ S/M/L アンティーク ネコ ねこ 猫 犬 (S) ペット用品 犬 餌やり・水やり用品 食器台 ペット用品 , 犬 , 餌やり・水やり用品 , 食器台,S/M/L,/interchoke1948159.html,[PT27],フードボウル,アンティーク,www.llantaspocoli.com,エサ台,ステンレスボウル2個つき,脚つきスチール食器台,フードスタンド,ねこ,エサ入れ,ネコ,2090円,犬,猫,(S)

PT27 新作モデル フードスタンド 脚つきスチール食器台 ステンレスボウル2個つき フードボウル エサ台 エサ入れ お気に入りの S 犬 ネコ 猫 M ねこ アンティーク L

[PT27] フードスタンド 脚つきスチール食器台 ステンレスボウル2個つき フードボウル エサ台 エサ入れ S/M/L アンティーク ネコ ねこ 猫 犬 (S)

2090円

[PT27] フードスタンド 脚つきスチール食器台 ステンレスボウル2個つき フードボウル エサ台 エサ入れ S/M/L アンティーク ネコ ねこ 猫 犬 (S)

サイズ:S

商品の説明

小・中・大型犬向きサイズ

地面より少し高い位置に、フードボウルを置く事で、ワンちゃんの腰や首に無理な負担をかけずに食事をさせる事が出来ます。
※曲げ具合や色味などは手作りのため多少の誤差がでることがあります。

サイズ

S:長さ30×幅16×高さ15cm 容器直径12cm
M:長さ42×幅22×高さ27cm 容器直径17cm
L:長さ50×幅26×高さ35cm 容器直径21cm
-----------------------
【 送料について 】 送 料 無 料 でお届けします!
  沖縄県および離島地域のみ、恐れ入りますが送料5000円のご負担をお願いします。
-----------------------

-----------------------
  万が一不良がある場合、お届け後8日以内であれば返品返金を承ります。
  (在庫稀少につき交換には応じられない場合がございます。)
  送料無料商品のため元払いにて返送くださいますようお願いいたします。
  詳しくは店舗までお問合せください。
-----------------------

ご注意(免責)>必ずお読みください

【保証について】 保証期間:1年間 ●商品到着後1週間以内の返品交換は無料です。【交換について】■商品到着後8日~1ヶ月以内: 修理/交換致します(商品往復送料のご負担をお願いします) ■商品到着後1ヶ月~1年: 修理/交換致します(商品往復送料及び修理交換手数料のご負担をお願いします) 【保証適用外の例】 ・誤った使用方法による破損故障 ・改造された商品 ・適切なメンテナンスをされていない商品  ※取付誤りによる基盤ショート、過失損害などは保証対象外となります。 ※お客様の側で発生した取付・取外作業費などは保証対象外となります。取付け前に動作確認をお願いいたします。

[PT27] フードスタンド 脚つきスチール食器台 ステンレスボウル2個つき フードボウル エサ台 エサ入れ S/M/L アンティーク ネコ ねこ 猫 犬 (S)

スープ賢人 抱っこひも BELK. Fundy-Fundy(フンディ-・フンディ-) マツダアクセラ グッドムービングひざサポーター コアバランス機能商品 腰部サポートウェア rakunie(ラクニエ)
  • その時代の「人」が、安全、安心、快適、健康、便利を実感できるような生活環境の実現を目指して活動する一般社団法人です。

  • 会員等から人間生活工学に関連する研究テーマを募り、テーマごとに研究会を設置し、会員主体の活動を行っています。

  • 国等からの委託により、人間生活工学に関わる研究開発事業、調査研究事業を行っています。

  • 人間生活工学に基づく製品開発を支援するため、各種コンサルティングを行っています。

  • 人間生活工学を実践できる組織づくり、人づくりを支援するため、講座、セミナーなどを開催しています。

  • 当センターは、設立の趣旨に賛同して入会された、法人・個人の支援により運営されています。

人間生活工学とは、私たちの「安心・安全・快適・健康・便利」な生活を実現するための“ものづくり”の考え方と技術です。生活とは、家庭にとどまるものではなく、仕事、余暇、勉学など、人の営みすべてです。そして人間生活工学に基づくものづくりとは、作られる“もの”(製品やサービス)を、その使い手の視点において設計し、また“作るプロセス”(生産や物流などのシステム)を、そこに携わる人の視点において設計することです。人間生活工学の対象は製品やサービスのみならず、空間や環境、仕事や暮らしも含まれます。ものを生み出すメーカーはもとより、製品やサービスを生活者へ届ける流通、販売や、生活者自身のよりよい暮らし設計のためにも必要な技術です。